鮫島克也騎手

 佐賀競馬を代表するベテランジョッキーで、2020年に同競馬初の地方通算5000勝を達成した鮫島克也騎手(58)が、今月30日付で引退することが、25日までに分かった。

 鮫島騎手は佐賀県出身。1979年にデビューし、初騎乗で初勝利を挙げた。その後も記録を更新し続け、42年間で2万4425レースに出走し、5052勝(19日現在)を挙げている。2005年には鳥栖市民栄誉賞を受賞した。

 その他、佐賀競馬所属の吉田順治騎手(53)、真島正徳騎手(51)、岩永千明騎手(39)の3人も30日付で引退し、28日には同競馬場で引退セレモニーが行われる。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加