子宮頸がんなどの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を防ぐワクチンについて、厚生労働省が来年4月から積極的な接種勧奨を再開する方向で検討していることが25日、分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加