佐賀新聞社が実施した第177回佐賀県内企業経営動向調査(2021年7~9月)によると、売上高、経常利益ともに「増加」と答えた企業が前回調査より減少した。経常利益は3期ぶりに「減少」が「増加」を上回り、新型コロナウイルスの「第5波」や8月中旬の記録的大雨、原材料価格の高騰などさまざまな要因が重なり、県内景気も減速感が強まった。(大橋諒、梶原幸司、志波知佳) 

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加