鳥栖-札幌 前半、相手選手に囲まれた鳥栖MF仙頭啓矢(中央)。倒れ込むもボールを蹴り出し、奪われるのを阻止する=鳥栖市の駅前不動産スタジアム

 20日のコンサドーレ札幌戦で、ボールを保持するサガン鳥栖MF仙頭啓矢選手が相手選手数人に囲まれた。ドリブル突破を阻まれて倒れ込んだが最後に足を一伸ばし。ボールは仙頭選手の足先に当たり、相手選手から奪われるのを間一髪で免れた。

 今季、鳥栖の選手で最も数多く撮影したのは仙頭選手だった。パスやドリブルで攻撃参加し、最終ラインでDF陣に混じってボールを奪う。ピッチ内を縦横無尽に駆け回り、カメラを向けると常に仙頭選手の姿があった。今季の鳥栖の躍進は、仙頭選手なしでは語れないだろう。

 残りあと2試合。最後まであきらめない姿勢を存分に発揮してもらいたい。(写真と文・山田宏一郎)

このエントリーをはてなブックマークに追加