工事が進む九州新幹線長崎ルートのJR武雄温泉駅

 九州新幹線長崎ルートの新鳥栖-武雄温泉の整備方式を巡り、斉藤鉄夫国土交通相は24日の閣議後会見で、整備方式やフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)の運用可能性について「議論を積み重ねたい」と述べた。

 国交省は22日、佐賀県と整備方式を巡る「幅広い協議」に臨み、フル規格で整備すると仮定した場合の3ルートの検証結果を報告した。佐賀市南部の佐賀空港経由や市北部の長崎自動車道方向に回るルートではなく「佐賀駅経由がベスト」とし、FGTの開発は「現実的ではない」との認識を伝えた。県側は、FGTで想定されていた時速270キロを200キロに減速すれば運用は可能ではないかとして「次回協議の対象にしたい」と主張していた。

 斉藤氏は22日の協議を受け「全国の新幹線ネットワークがつながるということが地方創生、防災減災の観点から重要と考えている。九州地域、西日本地域の未来にとって、どのような整備のあり方が望ましいか議論を積み重ねたい」と所感を述べた。FGTを減速して運用することについても「今後、議論を積み重ねたい」とした。(山口貴由)

このエントリーをはてなブックマークに追加