医療従事者らの接種券(3回目)が入った封筒を確認する佐賀中央郵便局の職員=佐賀市

 佐賀市は24日、医療従事者らを対象にした新型コロナウイルスの3回目ワクチン接種券の発送を始めた。接種券などを入れた封筒約4400通を佐賀中央郵便局の担当者に手渡した。対象者には遅くとも26日までに届く。

 黄色い封筒には、予診票、説明書などを入れている。受け取った医療従事者は、勤務先などに確認し、予約手続きを進める。

 医療従事者らは全体で約1万6千人で、この日発送したのは3、4月に2回目の接種をした人。今後、2回目接種日から8カ月経過する日の1カ月前を目安に接種券を発送する。

 市新型コロナウイルスワクチン接種対策室の村口滋慶室長は「混乱が生じないよう分けて接種券を送付する。慌てず予約してほしい」と呼び掛けている。(川﨑久美子)

このエントリーをはてなブックマークに追加