きょう11月24日は「いい日本食」と読んで「和食の日」。和食といえば寿司すし。肉に劣らず大好きだ◆歌ネタ芸人の嘉門タツオさんに「なごり寿司」という替え歌がある。イルカさんのヒット曲「なごり雪」の調べで歌ってみてほしい。〈♪寿司を待つ君の横で僕は値段を気にしてる 季節外れのブリが光ってる 東京で食う寿司は銀座が最高ねと刺し身盛り食べて君がつぶやく〉◆学生時代、佐賀から来た友人に「バイト代が入ったからおごるよ」と見えを切り、カウンターに切り身が並ぶ寿司店に行ったことがある。おいしかったが、「時価」の張り紙が気になり、落ち着かなかった◆同じように思う人が多かったのか、回転寿司のチェーン店が全国に広がり、寿司が身近になった。しかも進化している。数カ月前、10年ぶりくらいに入った回転寿司店は、ボタンで注文するとベルトコンベヤーで運ばれてきた。誰も手を出さず、回り続ける寿司がしのびなかったのだろう。寿司以外のメニューも豊富で、高い人気もうなずける◆とはいえ、職人さんと対面する寿司店へのあこがれは消えない。和食が世界遺産に登録されたのは8年前。素材を生かす日本の食文化を誇りに思う。佐賀は有明海に玄界灘と海の幸に恵まれる。友人といつかまた寿司店に行ってみよう。今度は県内へ、しかも割り勘で。(義)

下記のボタンを押すと、AIが読み上げる有明抄を聞くことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加