長崎訪問中のフランスのティエリー・ダナ駐日大使は1日、世界文化遺産登録を目指す「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本)の構成資産の一つで、長崎市にある国宝の大浦天主堂を視察した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加