大分県で開かれた新国際空手道連盟芦原会館の「第11回大分サバキ大会」で、川上小3年の太田成垣(なち)君が3、4年形の部で優勝、組手の部で準優勝、金立小5年の中川内優太君が5、6年組手の部で優勝、武富…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加