紅葉した街路樹越しに見えた部分月食。食の最大では皆既に近い状態になった=19日午後6時4分、佐賀市天神(撮影・米倉義房)

 月の一部が地球の影に入って欠けたように見える部分月食が19日、国内で観測された。国立天文台によると、今回は月の直径の97・8%が地球の影に入るのが特徴。欠けた部分が真っ暗になるのではなく、皆既月食に似て赤銅色に輝いた月が夜空に浮かんだ。

 月の欠け始めは午後4時18分。佐賀県内では既に欠けた状態の月が昇り始め、同6時2分ごろに食の最大を迎えた。佐賀市天神のどんどんどんの森では、紅葉した街路樹越しに月食が見られ、道行く人たちが夜空を見上げた。

 次に国内で月食を見られるのは、皆既月食となる来年11月8日。今回と同様にほとんどが影に入る部分月食は、2086年11月21日まで待たなくてはならないという。

このエントリーをはてなブックマークに追加