住民有志が飾り付けたイルミネーション。点灯と同時に子どもたちの歓声が響いた=小城市牛津町

13日に開かれた音楽祭。JR牛津駅では待合室に設置されたピアノの音色が響いた=小城市牛津町

商店街を巡るスタンプラリーを楽しみ、賞品を受け取る子ども連れ=小城市牛津町

スタンプラリーと音楽祭の運営、イルミネーションの設営に励んだ実行委員会のメンバー=小城市牛津町

 小城市牛津町の商店街でイルミネーションが点灯している。JR牛津駅から牛津高まで約700メートルの街路樹に電飾が施され、今年は新たにクリスマスツリーやハートの形をした特製のモニュメントも登場した。来年1月15日まで。

 国登録有形文化財の牛津赤れんが館を拠点にまちづくり活動に取り組む市民グループが10年ほど前、れんが館を照らし始めたのがきっかけ。地元の商店主に加え、今年は牛津高の生徒たちも飾り付けを手伝い、牛津駅まで範囲が広がった。

 商業施設のセリオ前に飾られた二つのモニュメントは、地元の商工会青年部が骨組みを作り、電飾を施した。13日に商店街などで開かれたスタンプラリーと音楽祭の後、関係者が点灯のスイッチを入れた。

 赤れんが館と牛津駅、セリオにはカラフルな電飾がともり、商店街はオレンジ一色の光に包まれている。(谷口大輔)