深緑色の川と赤いモミジのコントラストが楽しめる雄渕雌渕渓谷=佐賀市富士町(減光フィルター使用)

 渓谷を流れる深緑色の川と、赤いモミジのコントラストが鮮やかだ。佐賀市富士町の古湯温泉と熊の川温泉の中間に位置する雄渕雌渕公園で、紅葉が見ごろを迎えている。

 深まりゆく秋の風情を感じつつ、公園の駐車場から川のほうに下ると、凜(りん)とした空気の中に川音が響く。浸食で削り取られた花こう岩の岩肌を縫うように水が流れ落ちる。明治時代には北山から木材を運ぶ筏(いかだ)の難所としても知られていた。川に架かる鳴瀬橋からは、ダイナミックな景観を一望できる。

 佐賀市富士支所によると、紅葉の見ごろは11月下旬まで。(写真と文・山口源貴)=紅葉便りは随時掲載

 

このエントリーをはてなブックマークに追加