バレーボール女子・V1リーグの久光スプリングス(鳥栖市)は14日、鹿児島県のサンアリーナせんだいでKUROBEアクアフェアリーズ(富山県)と対戦し、3―0でストレート勝ちした。通算成績は8勝2敗で順位は3位。

 久光スプリングスは第1セット、一進一退の攻防からジュースにもつれ込んだが、最後はアウトサイドヒッター井上愛里沙のアタックで28-26で先取した。第2セットも勢いそのままに鋭いスパイクを打ち込み、25-18で連取。第3セットは競り合う展開になったものの、井上愛やオポジット長岡望悠の得点で終盤に突き放し、25―19で制した。

 久光スプリングスは、27日、静岡県のこのはなアリーナで東レアローズ(滋賀県)と対戦する。(井手一希)

 

 ▽女子
久光(8勝2敗)3 28―26 0KUROBE(10敗)
          25―18
          25―19
東レ(7勝3敗)3 25―22 0PFU(5勝5敗)
          25―22
          25―21
日立(4勝6敗)3 25―18 0トヨタ車体(10敗)
          30―28
          25―20
JT(10勝)3 25―17 0姫路(3勝7敗)
         25―13
         28―26

このエントリーをはてなブックマークに追加