昨年開催のツール・ド・アリタ。ビンテージ車などが並ぶ=有田町赤坂のアリタセラ

 「ツール・ド・アリタ ピクニック2021」が14日、有田町赤坂のアリタセラ(有田焼卸団地)で開かれる。ビンテージカーなど約100台が一堂に展示される。

 1990年ごろまでに製造された欧州車や日本車が並ぶ。参加車の中で一番古いのは1930年製の英国車「オースチン7」。ほかにも、普段見る機会の少ない車が見られる。例年はラリーイベントを行っているが、コロナ禍のため昨年に続き実施しない。

 会場では有田名物のごどうふをはじめ、ハンバーガーやスイーツ、コーヒーなどの飲食も楽しめる。ミニカーやアロマグッズ、古着などの物販もある。午前10時から午後3時まで。(古賀真理子)

ツール・ド・アリタのフェイスブックはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加