新茶の収穫最盛期に当たる八十八夜に合わせ、うれしの茶の順調な生産を願う「献茶祭」が2日、嬉野市の豊玉姫神社であった。茶業関係者ら約30人が出席し、できたばかりの新茶を奉納した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加