連携協定を締結した福岡淳二郎社長(左)と脇山伸太郎町長=鳥栖市の駅前不動産スタジアム

 サガン鳥栖と東松浦郡玄海町は、プロスポーツの魅力を活用した交流宣言を行った。選手、スタッフによるサッカー教室などを実施することで、活力あるまちづくりやファンに愛されるチーム運営につなげていく。

 ホーム・湘南戦(10月16日)の前に行われた調印式で、脇山伸太郎町長が「町とチームに相乗効果が生まれることを期待している」とあいさつ。サガン鳥栖の運営会社サガン・ドリームスの福岡淳二郎社長は「子どもたちに希望や元気を与えたいという思いでいっぱい。一緒に佐賀を盛り上げていければ」と思いを語った。

 サガン鳥栖はこれまでに佐賀市、唐津市、武雄市など10の市町と交流宣言を行っている。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加