言語聴覚士のもと歯科衛生士による口腔ケア=佐賀市のしょうぶ苑

 ウイルス感染症と人類の戦いは今に始まったことではないですが、新型コロナウイルスは目に見えない敵であり、今、人々は戦々恐々としながらその戦いに挑んでいます。この感染症との戦いで大切なのは、正しい情報に基づく予防行動です。


 新型コロナウイルスは、口腔(こうくう)内のACE2受容体にくっついて細胞内に侵入感染すると論文発表されました。そのACE2受容体は口腔内の粘膜、特に舌の上に多く存在していることが判明しています。つまりコロナウイルスは、口腔内の粘膜から体内に侵入します。


 したがって、うがい、手洗いに加えて舌清掃や口腔清掃が、この粘膜からのウイルス侵入を防ぐためにすごく有効的です。ウイルスは寝ている間にも時間ごとに倍々に増殖して、数千億個まで増えた状態で粘膜から体内に侵入しますので、口腔内の細菌の母数を減らすためにも口腔ケアは必要です。さらに最近の研究では、コロナ自体の肺炎に口腔内の誤嚥(ごえん)性肺炎を併発して重症化していることが分かっています。また不幸にして感染した場合でも、口腔ケアのしっかりした人は重症化しにくいというデータは出ています。


 よって、日常の口腔ケア(歯ブラシ、歯間ブラシ、舌ブラシ、デンタルフロスなど)をいつもより丁寧に行うことが重要です。さらにベッド上で自分で口腔ケアできない人で口腔ケアをやってもらうことは、肺炎予防の面からも重要なことです。(北村歯科医院院長 服部信一)
※参考資料:熊谷市歯科医師会

このエントリーをはてなブックマークに追加