八方ふさがりなのは明らかだった。廃棄物処理法違反の罪に問われた60代男性被告。山あいの資材置き場に大量の建築廃材を野積みにしたものの、借金を抱えて処理費用が工面できない状況に陥っていた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加