「繋げ!」の精神で勝利を目指す部員たち

 白石町の有明中男子バレーボール部員は1年生2人、2年生11人。そのうち約半数の部員が中学生になってからバレーボールを始めたそうです。

 粘り強さとチームワークが持ち味で、顧問の岩田美穂教諭は「拾ってつなぐチーム」と言います。キャプテンの2年の菰田颯太さんは「夏の中学総体で県ベスト4になったので、これからも試合を重ねてどんどん強くなっていきたい」と話します。

 11月6、7日に行われる新人戦では、チームに代々受け継がれてきた「繋(つな)げ!」の精神で、全員が拾ってつなぐ試合を見せてくれることでしょう。(地域リポーター・武富由美=江北町)

このエントリーをはてなブックマークに追加