オリジナル切手シートを贈った助村伸二佐賀県本部長(左から2人目)や坂井英隆市長(中央)ら=佐賀市役所

 日本郵便九州支社は、11月4日に佐賀市で開幕する「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」のオリジナル切手シートを販売している。63円切手と84円切手の2種類が5枚ずつ入ったシートを、同市内44の郵便局で購入できる。

 シートの切手部分の多くは同市で2016年に開催された世界選手権の写真を使用している。1シート1290円で、日本郵便のウェブサイトでも販売している。バルーンフェスタは新型コロナウイルスの影響で昨年は中止となり、2年ぶりの開催。6日までの3日間、無観客で開く。

 日本郵便の助村伸二佐賀県本部長が28日、同市役所を訪れて坂井英隆市長と佐賀バルーンフェスタ組織委員会の川副薫副理事長に切手を贈り、「今年は開催でき、うれしく思っている。県内外に魅力を発信し、佐賀市の活性化につなげたい」とあいさつした。(川﨑久美子)

このエントリーをはてなブックマークに追加