「くちパト」のイベントで、歯科相談を受ける参加者=武雄市こども図書館

ゲームに挑戦する参加者=武雄市こども図書館前

「くちパト」の紹介サイト

 口の健康について親子で理解を深める「くちパトin武雄市こども図書館」が24日、同図書館で開かれた。歯科相談や野菜のマルシェなど多彩なイベントがあり、来場者は楽しみながら歯周病の予防や早期治療の重要性を学んだ。

 会場では歯科医師や歯科衛生士が歯と口の相談に応じたり、子どもたちに歯磨きの方法をアドバイスしたりした。「はみがきダンス」なども披露され、農家や企業のブースでは健康を考えた食事の大切さなどを伝えた。健康づくりの目標で示される1日当たりの野菜摂取量350グラムに相当する分を並んだ野菜の中から選ぶゲームもあった。

 佐賀県が本年度から歯と口の健康を推進する「『くちパト』~さがお口のパトロールプロジェクト~」の一環で開いた。11月1~30日、県内の協力歯科医院で無料で歯科健診が受けられる取り組みも実施し、予約を受け付けている。(中島野愛)

このエントリーをはてなブックマークに追加