リニア中央新幹線瀬戸トンネルの崩落事故で作業員2人が死傷し、記者会見で陳謝するJR東海の新美憲一執行役員(手前)ら=28日午後4時、名古屋市

 作業員2人が死傷した岐阜県中津川市のリニア中央新幹線瀬戸トンネルの崩落事故で、県警は28日午後、現場を実況見分した。業務上過失致死傷の疑いもあるとみて、安全管理に問題がなかったか原因を調べる。

 崩落は27日午後7時20分ごろ発生し、福井県美浜町の小板孝幸さん(44)が死亡、愛知県長久手市の男性作業員(52)が足首や腰の骨を折る重傷を負った。

 JR東海によると、瀬戸トンネルの本線につながる非常口トンネルの掘削工事で、地上から斜め下に約70メートル掘り進めた先端地点で崩落。火薬を使った発破作業の後、内部を点検中に表層の土砂などが崩れ、巻き込まれたとみられる。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加