ラヨ・バリェカノ戦でのバルセロナのクーマン監督=マドリード(ゲッティ=共同)

 【ボーフム(ドイツ)共同】サッカーのスペイン1部リーグのバルセロナは28日までに、クーマン監督(58)の解任を発表した。27日のリーグ戦でラヨ・バリェカノに0―1で敗れたことを受け、ラポルタ会長が本人に通告したという。スペイン・メディアによると、後任にはOBで元同国代表MFのシャビ氏(41)の名が挙がっている。

 元オランダ代表DFで現役時代にバルセロナでも活躍したクーマン氏は昨季、監督に就任。1季目はリーグ戦3位で終えた。今季は開幕から不振が続き、宿敵レアル・マドリードとの伝統の一戦「クラシコ」にも敗れ、4勝3分け3敗の9位(27日時点)と低迷している。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加