坂田藤十郎さんをしのぶ会を前に、取材に応じる(右から)長男の中村鴈治郎さん、妻の扇千景さん、次男の中村扇雀さん=28日午後、東京都内のホテル

 昨年11月に88歳で死去した上方歌舞伎界の重鎮で、人間国宝の坂田藤十郎さんをしのぶ会が28日、東京都内のホテルで開かれた。

 祭壇は白や紫のカーネーションなど約5千本の花で彩られ、柔らかな表情の遺影は文化勲章受章時の記念写真。会場には当たり役の「曽根崎心中」のお初など、数々の役を熱演する藤十郎さんの舞台写真も展示された。

 会の前に取材に応じた妻で元俳優、元参院議長の扇千景さんは「芝居のことしか分からない人だったが、皆さんに愛され、芝居の人生だった。明日納骨するのでお墓に行ってしまうと余計寂しくなると思う」と涙声で語った。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加