本年も「佐賀県ママさんバレーボール大会」を開催できますことを、そして歴史ある本大会に「久光製薬杯」として冠協賛させて頂きますことを、誠に光栄に存じます。
 新たな生活様式が定着し、皆さまを取り巻く環境は大きく変化したことと存じます。日々の練習や試合においても、感染予防や対策を重ねて取り組まれているのではないでしょうか。
 しかしながら、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催をはじめとする明るい話題も増え、特にオリンピックではバレーボールチームの活躍に興奮し、声援を送られた皆さまも少なくないと存じます。
 本大会につきましても、万全の感染症対策を講じた上で開催する運びとなりました。改めて大会開催に向けてご尽力、ご協力いただきました関係者の皆さまに感謝申し上げます。そして、本大会にてオリンピックに負けない白熱した戦いが繰り広げられますことを期待しております。
 第32回目を迎える本大会には、佐賀県内から全21チームの皆さまが出場することとなりました。「いきいき」「はつらつ」「ときめき」それぞれの部門で、各チームそれぞれの全力を尽くした熱戦が大きな感動を生み、皆さまの活力や笑顔の源になりますことを心より祈念いたしております。
 あわせて、本大会を通じてチームの交流の輪がより一層広がり、佐賀県におけるバレーボール競技の更なる発展、そして活性化につながりますと幸甚に存じます。
 最後になりますが、長きにわたり本大会の運営にご尽力いただいております主催者の佐賀新聞社様、関係者各位に深く感謝を申し上げ、ご挨拶といたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加