ブレーブス戦の2回、送球エラーの間に生還し喜ぶアストロズのシリ=ヒューストン(UPI=共同)

 【ヒューストン共同】米大リーグのワールドシリーズ(7回戦制)第2戦は27日、ヒューストンで行われ、アストロズ(ア・リーグ)がブレーブス(ナ・リーグ)を7―2で破り、1勝1敗とした。

 打線は1―1の二回にマルドナドの適時打などで4点を勝ち越し。七回のアルテューベのソロなどで加点した。六回以降は無失点と継投策も的中した。

 28日は試合がなく、第3戦は29日(日本時間30日)にアトランタに舞台を移して行われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加