米ニューヨークの国連本部

 【ニューヨーク共同】国連総会(193カ国)の第1委員会(軍縮)は27日、日本が毎年提出している核兵器廃絶決議案を賛成多数で採択した。採択は28年連続で、賛成は昨年より13カ国増の152カ国、反対は4、棄権が30。「核の傘」を提供する米国への配慮から、核の保有や使用を全面禁止する1月発効の核兵器禁止条約への言及は避けた。

 共同提案国は米国と英国を含む57カ国。核保有五大国では米英仏が賛成し、中国とロシアは反対した。決議は12月に国連総会で採択される見通し。

 核兵器禁止条約を主導した国々からは、核廃絶への決意が十分に示されていないとして批判の声も上がった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加