古川候補の応援で演説する小林鷹之経済安全保障担当相=嬉野市の和多屋別荘

 自民党の小林鷹之経済安全保障担当相が27日、衆院選佐賀2区の自民前職古川康候補(63)の応援弁士として嬉野市内でマイクを握った。「党本部や国会での発言から、地方を元気にしたいとの思いが伝わってくる。人のために汗をかく人」と仕事ぶりや人柄に触れ、支持を呼び掛けた。

 「古川候補は東大ボート部の大先輩。マネジャーのトップである主務として、年365日の合宿生活で100人分の食事の準備や資金繰りをして部を支えた。仲間のために汗をかく人だと保証する」と強調した。

 さらに「毎朝ある党本部の部会のほとんどに参加し、とにかく発言する。こんなに地元の声を紹介する議員はいない」と、行動力や発言力に言及。「皆さんの思いに正面から向き合って応えてくれる人。また国会へ送り戻せるよう力強い支援をお願いしたい」と訴えた。(古賀真理子)

このエントリーをはてなブックマークに追加