気象庁=東京都港区虎ノ門

 強い台風20号は28日、風速25メートル以上の暴風域を伴いながら小笠原諸島近海を北上した。勢力を維持したまま同日夜に小笠原諸島へ最も接近する見込みで、気象庁は暴風や高波に厳重に警戒するよう呼び掛けた。住宅が倒壊するほどの猛烈な風が吹く恐れがあり、事前に頑丈な建物に避難し、屋内では窓から離れる必要がある。

 小笠原諸島で29日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は40メートル(55メートル)、波の高さは28日が10メートルで、29日が9メートルを見込む。29日正午までの24時間予想雨量は180ミリで、同庁は土砂災害や河川の氾濫にも警戒を求めた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加