初めて唐津くんちを見たのは入社1年目の頃。先輩記者に連れられ、唐津市の街中を回った。大勢の観衆の間を5番曳山(やま)「鯛」が駆け抜けていくのを観光客として見入ったことを覚えている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加