JR九州が来秋に投入する新しい観光列車「ふたつ星4047」の運行ルート(赤と青)

 JR九州は27日、佐賀、長崎の両県を巡る新しい観光列車「ふたつ星4047」を、九州新幹線長崎ルート(武雄温泉―長崎)が暫定開業する2022年秋に合わせて運行開始すると発表した。有明海と大村湾という二つの異なる海の景色を楽しむコンセプトで、地域の活性化につなげる。

 JR九州の観光列車としては2020年10月に運行開始した「36ぷらす3」に続き12番目となる。列車名は佐賀、長崎両県を九州の観光における「星」と位置付け、運行車両に用いる「キハ40、47形」から命名した。

 運行ルートは二つ。午前中に運行する有明海に沿ったルート(106・1キロ)では、武雄温泉を出発し肥前山口を経由して長崎線で諫早、長崎を目指す。午後に長崎を出発するルート(105・4キロ)では、大村湾に臨む大村線を経由してハウステンボスなどを通り、佐世保線で武雄温泉に向かう。土日祝を中心に、各ルート1日1本運行する。

 具体的な車両編成や運転時刻、停車駅などは未定だが、JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」を手掛けた水戸岡鋭治氏にデザインを依頼しているという。

 乗車券と指定席特急券のみの値段で乗車でき、武雄温泉―長崎は4180円、長崎―武雄温泉は4500円となっている。

 青柳俊彦社長は九州新幹線鹿児島ルートの部分開業時にも観光列車と組み合わせることで相乗効果を図った経緯があることに触れ、「新幹線は山の中を走るので、海沿いの観光列車と組み合わせていただくと良い旅になるのではないか。(沿線地域の)地元の意見も加味しながら、乗りたくなるような列車にしたい」と話す。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加