衆院選で期日前投票した読者から「比例九州ブロックで政党名を書く所で、略称表記に『民主党』が二つあった。どっちに票が入るのか」という問い合わせが、佐賀新聞「こちら さがS編集局」(こちさが)に寄せられた。

 今回、立憲民主党が届け出た党名の略称は「民主党」で、国民民主党も「民主党」になっている。県選挙管理委員会によると、「民主党」と書いた場合、各市町の開票所ごとに「民主党」票以外の立憲民主党と国民民主党の得票数の割合に応じて最後に振り分けるという。総務省が22日に同一略称の取り扱いについて県選管に事務連絡している。

 正式名称では自由民主党、社会民主党もあるが、それぞれ略称は自民党と社民党。県選管は「略称として登録されている事実を踏まえると、『民主党』票は立憲民主党と国民民主党で案分するのが自然」という。

 県選管は確実に投票するには「略称でなく、正式名称で書くことを推奨する」と話す。同様の問い合わせは県選管にも寄せられているという。(宮﨑勝)

「こちら さがS編集局(こちさが)」とは?

佐賀新聞と読者が無料通信アプリ「LINE(ライン)」でつながり、書き込みがあった身近な疑問や困りごとを記者が取材する双方向型の報道スタイルです。

以下のボタンから「友だち追加」して情報提供のメッセージやアンケート(随時実施)へのご協力をお願いします。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加