子どもの居場所「じゃんぷ」を開設した田中雅美さん

 16年前、結婚を機に熊本から移住した唐津市材木町の田中雅美さん(51)は昨年8月、二タ子公民館に子どもの居場所「じゃんぷ」を立ち上げた。

 児童クラブ支援員を10年勤めた経験から、親元を離れたときに居場所の選択肢が少ないことと、自分ができることに限界を感じ、本当に支援を必要としている人たちの支えになりたいと思ったという。

 今年4月、鏡山添公民館に2カ所目を開設。それぞれ週3回、午後1~7時に開放し、未就園児から中高生まで利用できる。

 田中さんは「地域のおかあさん」として慕われているという。他にも月1回、支援が必要な人に食品を無料で提供している(上限あり)。問い合わせはキラキラヒカルの田中さん、電話080(1702)9031。(地域リポーター・森山絢子=唐津市北波多)

このエントリーをはてなブックマークに追加