司法解剖の検査費を大阪府警からだまし取ったとして詐欺罪などに問われた近畿大医学部法医学教室の元主任教授の医師巽信二被告(67)は27日、大阪地裁の初公判で起訴内容を否認した。近畿大から経費を詐取したとする起訴内容は認めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加