進行協議後の報告集会で福岡高裁が示した打ち切りの方針を説明する馬奈木昭雄団長(左)。中央は開門派の漁業者の平方宣清さん=福岡市

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)の潮受け堤防排水門の開門を命じた確定判決の効力を巡る請求異議訴訟の差し戻し審の進行協議が27日、福岡高裁(岩木宰裁判長)であった。4月に提案した和解に向けた協議について、高裁は同日、協議を打ち切り、進行協議期日としていた12月1日を口頭弁論に切り替えて、結審する方針を示した。漁業者側の弁護団が明らかにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加