稲葉篤紀氏

 日本ハムは27日、東京五輪で日本代表監督を務め、チームを金メダルに導いた球団OBの稲葉篤紀氏(49)のゼネラルマネジャー(GM)就任を発表。吉村浩GMは兼務しているチーム統括本部長職に専念する。

 日本ハムは3年連続でクライマックスシリーズ(CS)進出を逃し、栗山英樹監督(60)は今季限りで退任。次期監督には日本ハムと阪神、米大リーグで活躍した新庄剛志氏(49)の就任が有力。

 稲葉氏は愛知・中京高(現中京大中京高)から法大を経て1995年にドラフト3位でヤクルトに入団。2005年にフリーエージェント(FA)で日本ハムへ移籍し、14年に現役を引退した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加