【ワシントン共同】ブリンケン米国務長官は26日、クーデターを起こしたスーダン軍の拘束を解かれたハムドク首相と電話会談し、解放を歓迎するとともに、クーデターに「深刻な懸念」を表明した。国務省が発表した。

このエントリーをはてなブックマークに追加