グーグルのロゴ=8月、ベルリン(ロイター=共同)

 米マイクロソフトのロゴ=ニューヨーク(共同)

 米IT2社の21年7~9月期決算

 【ニューヨーク共同】米グーグルの持ち株会社アルファベットとマイクロソフト(MS)が26日発表した2021年7~9月期決算は、純利益が共に四半期ベースで過去最高を更新した。グーグルは広告収入が増加し、MSはクラウドサービスが伸びた。新型コロナウイルス禍による社会のデジタル化浸透で、成長が続いた。

 アルファベットは売上高が前年同期比41%増の651億1800万ドル(約7兆4千億円)、純利益が68%増の189億3600万ドル。売上高も四半期ベースで最高だった。

 MSは売上高が22%増の453億1700万ドル、純利益は48%増の205億500万ドルだった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加