生涯スポーツの世界大会「ワールドマスターズゲームズ(WMG)」の組織委員会は26日、理事会を開き、関西を中心に来年5月開催予定の大会を2026年5月に延期する方針を決めた。新型コロナウイルス禍の影響で海外との自由な往来の再開が見通せないためで延期は2回目となる。今後、WMGを主催する国際マスターズゲームズ協会との交渉に入る。

 組織委の木下博夫事務総長は記者会見で、「(WMGの)狙いを考えたときに来年5月の開催は厳しい。入国規制がどの程度緩和されているのか見極めが難しい」と述べた。26年開催については最終的に国際協会の承認を得る必要がある。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加