インドのあいさつに挑戦する高校生=佐賀市のホテルニューオータニ佐賀

インドの文化を学び、熱心にメモを取る生徒たち=佐賀市のホテルニューオータニ佐賀

 佐賀県内の商業系の高校生が海外の経済の知識を得るオンラインの研修会が23日、佐賀市で始まった。生徒たちは中継を結んだインドの文化や観光地、ビジネストレンドについて学んだ。

 研修は10人が参加して11月7日まで4回実施し、IT系企業のインターンシップ体験もある。生徒たちは日本とインドの比較などをしながら、ビジネスでの取り組みを考案する。佐賀商業高3年の吉岡日向さんは「リモートでも海外を感じることができる。グローバル化に対応できる英語を学びたい」と意欲を見せた。

 主催する県高校教育研究会商業部会の牛島徹部会長(佐賀商業高校長)は「海外に行くのと変わらない充実した研修になっていて、貪欲にいろんなことを吸収してほしい」と呼び掛けた。

 県の事業「未来のスペシャリスト海外研修」の助成を受け、2014年から開催している。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大のため中止し、今回はオンラインで行う。(森田夏穂)

このエントリーをはてなブックマークに追加