合同稽古で霧馬山(手前)と相撲を取る高安=26日、両国国技館の相撲教習所

 大相撲九州場所(11月14日初日・福岡国際センター)に向けた合同稽古第2日は26日、東京・両国国技館内の相撲教習所で行われ、元大関で平幕転落が決定的となっている小結高安が15番取るなど、再起へ積極的に汗を流した。

 9月の秋場所を右臀部のけがで途中休場して負け越した31歳の実力者は、ともに25歳の霧馬山や阿武咲らを相手に5勝10敗だったものの「若いだけにスタミナがあり、いろんな動きもある。やっていて、身に付くところがたくさんある」と前向き。「しっかり体をつくり直して、千秋楽まで優勝争いに絡みたい。もう一回、上を目指す」と意気込んだ。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加