白土三平さん

 江戸時代の封建社会で差別や迫害と闘う人々を描いた代表作「カムイ伝」で知られる漫画家の白土三平(しらと・さんぺい、本名岡本登=おかもと・のぼる)さんが8日、誤嚥性肺炎のため東京都の病院で死去した。89歳。東京都出身。葬儀は親族で行った。

 画家で左翼運動家の父、岡本唐貴の影響で油絵を学び、紙芝居作家を経て1957年の「こがらし剣士」で漫画家デビュー。当初は貸本漫画を軸に執筆活動を展開し、忍者や剣客が登場する冒険活劇を次々に発表、戦国時代が舞台の長編「忍者武芸帳」で人気を確立した。

 64年には「月刊漫画ガロ」の創刊に加わり「カムイ伝」の連載をスタートした。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加