Q.私の甥(おい)っ子が先日亡くなりましたが、甥っ子には相続人がいません。私は、甥っ子の相続人ではありませんが、10年以上、甥っ子と一緒に暮らして生活を共にしており、甥っ子の葬儀も私が執り行いました。甥っ子には、預金がいくらかあるようなのですが、私は相続人ではないので一切関わることができないのでしょうか。

 A.相続が生じたときに被相続人の遺産を相続するためには、相続人である必要がありますが、相続人でなくとも「特別縁故者」に該当する場合には、遺産の分与を求めることができます。

 本件のように被相続人に相続人がいない場合には、まずは遺産を管理する相続財産管理人を家庭裁判所に選任してもらう必要があり、その後、特別縁故者による遺産の分与の申し立てを行うことになります。

 被相続人と生計を同じくしていた者、被相続人の療養看護に努めた者、そしてこれらに準ずる者と家庭裁判所が認めた場合には、特別縁故者にあたることになります。

 特別縁故者にあたるかどうかは被相続人や申立人の事情等を個別具体的に判断することになりますし、「特別の縁故」と認められるのは簡単なことではありません。

 ただ、被相続人の生活を物理(金銭)的、精神的にサポートしたり、葬儀や永代供養などを積極的に行ったこと等は、特別縁故者を認める方向に傾く事情になります。

 他方、たまに顔を見に会いに行く程度の間柄にすぎない場合には特別縁故者とは認められにくいと考えられます。

 いずれにしても特別縁故者による遺産の分与の申し立ては専門的な分野になりますので、弁護士に一度相談されることをお勧めします。

 (武雄市 弁護士 矢野雄基)

このエントリーをはてなブックマークに追加