古川康候補の応援で、支持者とグータッチをする前官房長官の加藤勝信氏=武雄市のユートク北方店駐車場

 前内閣官房長官の加藤勝信氏は25日、衆院選佐賀2区の自民前職古川康候補(63)の応援で武雄市を訪れて演説した。8月の大雨被害への国の特別支援策を引き合いに「安心して住み続けられることは地域発展の礎。それを実現していく。当たり前のことを当たり前に、その中心を(古川候補に)担っていただきたい」と強調した。

 加藤氏はわずか2年で大雨被害が再び発生した状況を踏まえ「みんなの気持ちが折れてしまう、武雄の町を何とかしたいと、古川さんは強い思いを話してくれた。国が支援しなくて、どこに政治があるのか。まさにそんな思いだったのだと思う」とおもんぱかった。

 牧島かれんデジタル相も市内での決起大会に駆け付け「地元だけでなく、全国の同志にとって国会にいてもらわなくてはいけない存在」として支援を訴えた。(横田千晶、辻村圭介)

このエントリーをはてなブックマークに追加