岩井隆之スカウト(左)、宮田善久スカウト(右)と握手を交わす加藤晴空捕手=基山町の東明館

 プロ野球ドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスから育成10位で指名された東明館高の加藤晴空(かとう・そら)捕手が25日、三養基郡基山町の同校で、球団スカウトから指名あいさつを受けた。加藤は「あらためてもっと頑張らないといけないと思った。しっかり準備していきたい」と抱負を語った。

 同校には九州地区担当の岩井隆之スカウトと関東地区担当の宮田善久スカウトの2人が来訪。岩井スカウトは加藤について「九州の今年のキャッチャーの中では足もあるし、打力もあるし、外野など違うポジションができる身体能力もある。進学校で成績優秀とも聞いている」と指名理由を説明。「気持ちは常に一軍を目指して頑張ってほしい」と激励した。

 目標にする選手を聞かれた加藤は「この人と決めている選手はいないが、少しでも早く支配下に上がって、必要とされる選手になりたい」と語り、「キャッチャーとしてスローイングには自信を持っているし、足にも自信がある。しっかりアピールできるよう頑張りたい」と決意を示した。

 同校の黒木忠好校長は「本校にとって初のプロ野球選手で学校としても光栄。一日も早く一軍登録されるよう頑張ってほしい」と話した。

 入団発表会見は12月に開かれる。(瀬戸健太郎)

このエントリーをはてなブックマークに追加