児童の登校を見守るマクドナルドの店員=小城市小城町の下町交差点

 マクドナルド小城店(小城市小城町)の店員が20日、店舗近くの下町交差点で防犯活動を行った。横断歩道を渡る登校児童を見守った。

 佐賀など3県のマクドナルドをフランチャイズ経営する昭和フード(佐賀市)は昨年、佐賀県警と「安全で安心なまちづくりに関する協定」を結んでおり、初めて連携して活動した。

 小城署員2人と店員2人が横断歩道の前で立ち、青信号を横断する児童の安全を確保した。西村達也店長(37)は「たくさんの子どもたちに(店を)利用してもらっている。その恩返しをしていけたら」と話した。(松岡蒼大)

このエントリーをはてなブックマークに追加