雑巾で窓や壁を丁寧に拭く九電工の社員=佐賀市のうえむら病院の地域密着型サービス施設

 佐賀市の九電工の佐賀支店と佐賀営業所の社員43人が19日、市内のうえむら病院のグループホームなどが入る地域密着型サービス施設で清掃活動を行った。

 参加者は雑巾で窓を丁寧に拭き上げ、敷地内の雑草を鎌で刈り取った。九電工佐賀支店の木村政昭電気技術部長は「お世話になっている地域に感謝の気持ちを込めて活動している。喜んでもらえたら」と話した。

 九電工グループの社会貢献活動「さわやかコミュニティ旬間」の一環。今年で53回目で、15日は小城市のひらまつ病院で、21日は多久市の多久神社でそれぞれ活動した。(北島郁男)

このエントリーをはてなブックマークに追加