ニセ電話詐欺被害の防止に貢献した(左から)伊東めぐみさん、堤大二郎さん、香田菜奈子さん=鹿島市の鹿島署

ニセ電話詐欺の被害防止に貢献した(左から)伊東めぐみさん、堤大二郎さん、香田菜奈子さん=鹿島市の鹿島署

 鹿島署は、ニセ電話詐欺の被害防止に貢献した佐賀銀行嬉野支店(嬉野市)の伊東めぐみさん(45)や、セブンイレブン嬉野大草野店(同市)のオーナーの堤大二郎さん(39)と店員の香田菜奈子さん(35)に感謝状を贈った。

 伊東さんは8月、来店した70代男性が婚活サイトを装う手口で要求された42万円を振り込もうとしているのに気付き、警察官が来るまで説得を続けた。「信じ切っているので最初は『違いますよ』とはなかなか言えなかった。これからもお客さまに寄り添って接していきたい」と話した。

 堤さんと香田さんは9月、5万円分の電子マネーを購入しようとした60代男性に対応し、被害を未然に防いだ。レジで通話していたのを不審に思ったといい、堤さんは「詐欺が身近にあることを再認識した」と振り返った。(松岡蒼大)

このエントリーをはてなブックマークに追加