専用の練習場で熱心に練習する中川きららさん=佐賀市諸富町

 「第5回全日本BMXフリースタイル選手権大会」(9月17日、岡山市)のフラットランド女子エリートクラスで佐賀東高1年の中川きららさん=佐賀市=が優勝に輝いた。栄冠を喜びながらも「世界の舞台で活躍したい」と先を見据える。

 中川さんは自転車を自在に操るBMXのショーに魅了され、小学5年生から競技を始めた。今では平日3時間、休日8時間以上は自転車に乗る。「頑張って練習した難しい技が成功したときが一番楽しい」と魅力を語る。

 大会は日本自転車連盟(JCF)が主催。中川さんは今回の優勝を機にJCFの強化指定選手となった。世界大会への出場も視野に9月に佐賀市諸富町に完成した専用の練習場などで技を磨いている。

 フラットランドは、地面の上で多彩な技を披露し合う競技で、制限時間内にいかに多くの技を盛り込むか、オリジナルの技を持っているかが評価のポイントとなる。

 予選は緊張が大きかったが、冷静さを取り戻した決勝では多くの技を成功させ、優勝をつかみ取った。中川さんは「決めたかった技が本番でできなかった」と悔しがり「世界の女子の頂点に立ちたい」とさらなる高みを目指す。

 15日には、山口祥義知事を訪問し、優勝を報告した。(中島野愛)

このエントリーをはてなブックマークに追加