太平洋戦争末期、「振武隊(しんぶたい)」と名付けられた特攻隊員の若者たちは、神埼郡吉野ヶ里町の目達原飛行場に1週間ほど滞在した後、鹿児島から出撃した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加